VAR

VARの決断がサッカーの結果やベットに影響を与える頻度は?

最近のビデオ・アシスタント・レフェリー(VARとしてよく知られている)の導入は、サッカーでかなりの論議を醸し出して来ました。VARが大きなステージでも問題を引き起こしたプレミアリーグでは特にそうです。

2018年夏にロシアで開催されたFIFAサッカーワールドカップ、ソチで開催されたスペイン対ポルトガルのグループB第一試合、24分の時のこと。スペインのストライカー、ディエゴ・コスタがポルトガルのディフェンダー、ペペの顔に肘で突いてぶつかりました。ペペは地面に倒れ、コスタはゴールを決めました。スペインがお祝いムードでしたが、試合のレフェリー、ジャンルカ・ロッキは1,620km離れたモスクワのビデオ操作室で座っていたVARに連絡を取りました。コスタの行動は明らかにファウルプレイでルール違反だったにも関わらず、ゴールはスタンドとして許可することを決定しました。

事実としては、一般的合意とは、VARの導入はビデオ・アシスタントと呼ぶ過去の多数の出来事において成功として見られたというものでした。ラグビーリーグなどの他のスポーツでは、これは10年以上うまく行っていますが、まだ初期に起こる問題があることは明らかでした。

VARは賭けの世界も揺るがし、現在では以前には勝った/負けたかも知れないベットの結果に大きな影響を与えています。VARがどれほど賭けに影響を与えるか、最善なことを手に入れる手助けとしてできることを話し合って行きます。

VARから最も利益を得たプレミアムリーグ

2019~2020年には、フィールドの決定を覆すことになったVARの事例が合計109件ありました。この109件の決定のうち、27件はゴールを許可、56件はゴールを無効、22件はペナルティ、7件はペナルティ否決、4件は再び取られたペナルティの決断でした(1件は得点が入り、3件は得点を失いました)。ゴールを許可する/しないの決定だけ見ると、許可が32.5%に対して、却下は67.5%でした。

ゴールについては、明らかに大多数の34件が除外され、ハンドボールのオフサイドでは14件の決定が2番目によくある理由でした。27本のゴール獲得とは逆に、わずか8本だけが誤ったオフサイドとされ、2本のゴールは誤ったハンドボールのために許可されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *